市場ニュース

戻る

【材料】ダイセル---急落、引き続きコンセンサス大幅下振れの決算を嫌気

ダイセル <日足> 「株探」多機能チャートより

ダイセル<4202>は急落。前日の後場に発表した決算が引き続きネガティブなインパクトとなっている。19年3月期営業利益は512億円で前期比13.2%減益、1-3月期が前年同期比半減となり、従来計画の540億円を大幅に下回る着地となっている。20年3月期見通しも430億円で前期比16.0%減益の見通し、市場コンセンサス530億円レベルとの乖離が大きくなっている。タカタ向け出荷の減少などによるインフレーターの想定以上の落ち込みが背景に。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均