市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は小じっかり、米大統領が対中交渉の進展を議論


 10日午前の東京市場でドル・円は小じっかりの値動きで、足元は109円80銭台に値を上げている。米中貿易交渉に関し、トランプ米大統領がライトハイザー通商代表部(USTR)代表と進展状況を議論していると報じられ、米株式先物が上昇。日経平均株価も前日比100円高の堅調地合いで、現時点で円買いは抑制される。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円69銭から109円87銭。ユーロ・円は123円06銭から123円31銭、ユーロ・ドルは1.1213ドルから1.1223ドルで推移。(9:00作成)

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均