市場ニュース

戻る

【通貨】世銀・IMF総会、数カ国がBTC債発行に興味【フィスコ・ビットコインニュース】


 先週ワシントンで開催された世銀・国際通貨基金(IMF)の春の総会の声明の中で、少なくとも3カ国、アフガニスタン、チュニジア、ウズベキスタンが資本増強のためのビットコイン債発行に興味を示していたことが報告された。ウズベキスタン政府は綿先物市場と連動させるビットコイン債などを検討している模様。

これに対して、IMFの反応はまちまち。ラガルド専務理事は、潜在的に生活向上のため仮想資産に関してオープンでいることが必要であると言及する一方で、仮想通貨資産に関して引き続き注意を促した。香港やアブダビが実施しているように規制機関を設立し新たな金融技術をテストし、綿密に監督していくことが望ましいとの見解を示した。

《KY》

 提供:フィスコ

日経平均