市場ニュース

戻る

【通貨】4月16日の仮想通貨市場【フィスコ・ビットコインニュース】


16日のビットコイン(BTC)は、55.5~56.9万円で推移している。16日未明に急ピッチでの下落をみせると、午前5時頃には55.5万円をつけた。ただ、12日につけた直近安値54.8万円を目指す展開とはならず、55万円半ばで下げ止まると日中はリバウンド基調が続いた。

足元では、大手海外取引所バイナンスがビットコインSV(BSV)を上場廃止にすると発表したことで、ビットコインキャッシュ(BCH)が急騰した。ビットコインSVは昨年、ビットコインキャッシュからハードフォーク(分岐)して誕生した仮想通貨。

今回の上場廃止に関して、公式には同社が定める上場基準を満たしていないことを理由としている。ただ、同社の最高経営責任者(CEO)ジャオ・チャンポン氏が先週、ビットコインSV陣営で自身のことをビットコイン発案者サトシ・ナカモトであると称するクレイグ・ライト氏を批判し同通貨の上場廃止も辞さない考えであることを明らかにしていたことから、今回の上場廃止はCEO判断に基づくものとの見方もある。

同取引所はアルトコインを豊富に取扱い市場にも大きな影響を与えているだけに、今後のアルトコイン価格への影響を懸念する向きもあるようだ。

《SI》

 提供:フィスコ

日経平均