市場ニュース

戻る

【材料】DCMHDは後場一段高、20年2月期の新規出店は12店舗・退店は4店舗を計画

DCM <日足> 「株探」多機能チャートより
 DCMホールディングス<3050>は、4日続伸で後場一段高に買い進まれている。同社は12日、20年2月期の連結業績予想を発表した。営業収益は4495億円(前期比0.8%増)、経常利益は226億円(同13.5%増)、最終利益は140億円(同14.3%増)を見込む。

 同社では、社会に望ましい仕組み、企業文化を創造することで、社会に不可欠な存在となることを目指し、「コト」を重視した商品提案力を向上させるとしている。また、「便利さ」「楽しさ」「価値ある商品」の提案で、顧客から支持される「魅力ある店づくり」に取り組んでいる。今期の新規出店は12店舗、退店は4店舗を計画している。

 株価は、3月25日に1022円で年初来安値をつけ、4月11日に1032円で二番底となって以降、反発基調を鮮明にしている。ただ、株価指標面ではPER10倍台、PBR0.7倍台と極めて割安水準にある。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均