市場ニュース

戻る

【材料】日立製作所<6501>のフィスコ二期業績予想

日立 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年3月21日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日立製作所<6501>

3ヶ月後
予想株価
3,900円

総合電機首位。情報・通信や社会・産業等のシステム等を展開。パワー半導体や量子コンピュータ関連として注目集まる。鉄道システムにも注力。19.3期3Q累計は情報・通信システム、社会・産業システムが堅調に推移。

19.3期は情報・通信、社会・産業システム、建機等が好調も、英国原子力発電所建設の凍結が影響。20.3期は情報・通信や鉄道、建機が堅調に推移。高機能材料は回復を見込む。株価は悪材料出尽くし。見直し買いへ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/9,400,000/750,000/490,000/180,000/186.41/75.00
20.3期連/F予/9,800,000/787,000/514,000/189,000/195.73/75.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/21
執筆者:NI

《CN》

 提供:フィスコ

日経平均