市場ニュース

戻る

【通貨】豪ドル週間見通し:伸び悩みか、米中協議の早期合意は困難との見方も

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

■下落、米ドル安・円高進行の影響受ける

先週の豪ドル・円は下落。豪準備銀行(中央銀行)の3月理事会議事要旨で「経済見通しに大きな不透明感」との指摘が改めて注目されたほか、10-12月期住宅価格指数が一段と低下したことで豪ドル売りが先行。2月失業率は予想外に低下したものの、米ドル・円相場が円高方向に振れたことから、ポジション調整的な豪ドル売り・円買いが優勢となった。取引レンジ:77円78銭-79円42銭。


■伸び悩みか、米中協議の早期合意は困難との見方も

今週の豪ドル・円は伸び悩みか。豪準備銀行(中央銀行)は金融政策の中立スタンスを維持しており、リスク選好的な豪ドル買いが増える可能性は低い。また、米国と中国は今週、閣僚級の通商協議を北京で再開する見通しだが(米側28-29日に訪中)、早期合意は難しいとみられており、貿易摩擦の長期化懸念は豪ドル相場の反発を抑える一因となる。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・26日:エリス豪準備銀行総裁補佐講演

予想レンジ:76円00銭-79円00銭

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均