市場ニュース

戻る

【材料】中部鋼鈑<5461>のフィスコ二期業績予想

中部鋼鈑 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年3月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

中部鋼鈑<5461>

3ヶ月後
予想株価
650円

厚鋼板専業の電炉。建機、産機、工作機械向けが中心。建築向けにも力注ぐ。子会社で厨房向けグリスフィルタのレンタルも行う。中計では21.3期に経常益40億円以上を目指す。19.3期3Qは二桁増収も利益足踏み。

19.3期は非住宅建築分野を中心に鋼材需要が堅調。レンタルやエンジニアリングもしっかり。だが鉄スクラップ価格高が重石。レンタルの新洗浄工場稼働に伴う償却費増も響く。指標面の割安感が株価を支える展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/53,100/2,400/2,400/1,500/53.73/14.00
20.3連/F予/54,500/2,600/2,600/1,620/58.38/14.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/03
執筆者:JK

《CN》

 提供:フィスコ

日経平均