市場ニュース

戻る

【材料】四国化成工業<4099>のフィスコ二期業績予想

四国化 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年3月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

四国化成工業<4099>

3ヶ月後
予想株価
1,600円

タイヤ原料の不溶性硫黄やプリント配線板の防錆剤、プール・浄化槽向け殺菌消毒剤などを手掛ける。子会社で建材も展開。徳島工場内に半導体プロセス材料の新プラント建設を発表。来年2月に着工、21年夏稼働を目指す。

19.3期は不溶性硫黄が工場の大規模修繕工事で一時的に出荷が減る。だが殺菌消毒剤が国内外で好調。災害復興需要で下期にエクステリアが販売を大きく伸ばす。会社計画は慎重。減益幅縮小へ。株価は堅調な展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/52,200/7,700/8,000/5,400/92.43/22.00
20.3連/F予/53,500/8,100/8,400/5,600/95.86/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/03
執筆者:JK

《CN》

 提供:フィスコ

日経平均