市場ニュース

戻る

【材料】岡谷電機産業<6926>のフィスコ二期業績予想

OKAYA <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年3月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

岡谷電機産業<6926>

3ヶ月後
予想株価
400円

ノイズ対策製品やサージ対策製品の部品メーカー。表示・照明製品やセンサーも手掛ける。新たな共振コンデンサの開発を進展。19.3期3Q累計の売上高はほぼ変わらずも、中国でエアコン向けのノイズ対策製品が足踏み。

19.3期の業績予想を2月に下方修正。米中貿易摩擦等による中国と国内の需要の足踏みを見込む。コンデンサの取引に関する集団訴訟は一部継続。20.3期は表示・照明製が好調維持。株価は上げ渋る推移が続く見込み。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/13,000/220/180/100/4.47/4.00
20.3期連/F予/13,700/250/200/110/4.91/4.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/03
執筆者:NI

《CN》

 提供:フィスコ

日経平均