市場ニュース

戻る

【材料】新東工業<6339>のフィスコ二期業績予想

新東工 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2019年3月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

新東工業<6339>

3ヶ月後
予想株価
1,200円

鋳造分野と表面処理を主力に、環境機器や搬送機器等を手掛ける世界トップの鋳造プラントメーカー。自動車関連が主要取引先。19.3期3Q累計は売上高が堅調も、低採算案件や一部海外事業の低調が利益に影響。

19.3期は表面処理でギア・バネ業界や自動車、電子部品向けの伸長が続く見込み。一方、機械装置の採算悪化案件が影響。20.3期も表面処理の堅調な推移が続く。株価はPBRが1倍以下と割安。上昇基調継続。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/105,000/4,800/5,600/4,750/89.22/22.00
20.3期連/F予/110,000/5,000/5,850/4,950/92.99/22.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2019/03/02
執筆者:NI

《CN》

 提供:フィスコ

日経平均