市場ニュース

戻る

【市況】東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日ぶり反落、アドベンチャがS安

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
 14日大引けの東証マザーズ指数は前日比2.42ポイント安の873.06ポイントと3日ぶり反落。値上がり銘柄数は124、値下がり銘柄数は140となった。

 個別ではアドベンチャー<6030>がストップ安。ライトアップ<6580>、MTG<7806>は昨年来安値を更新。ピーバンドットコム<3559>、ピクスタ<3416>、ジーエヌアイグループ<2160>、ユーザーローカル<3984>、JMC<5704>は値下がり率上位に売られた。

 一方、フルッタフルッタ<2586>、Amazia<4424>、メドピア<6095>、トランザス<6696>がストップ高。ラクスル<4384>は一時ストップ高と値を飛ばした。リネットジャパングループ<3556>、ソフトマックス<3671>、CRI・ミドルウェア<3698>、UUUM<3990>、テノ.ホールディングス<7037>など7銘柄は昨年来高値を更新。コンヴァノ<6574>、エンバイオ・ホールディングス<6092>、シェアリングテクノロジー<3989>、ブティックス<9272>、エスユーエス<6554>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均