市場ニュース

戻る

【材料】セグエグループ---18年12月期は、ソリューション販売拡大、大型案件獲得などにより2ケタの増収増益

セグエG <日足> 「株探」多機能チャートより

セグエグループ<3968>は13日、2018年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比12.5%増の87.67億円、営業利益が同26.7%増の4.84億円、経常利益が同11.0%増の4.85億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同18.3%増の3.77億円となった。

同社グループは、積極的な営業活動により、製品及びサービス並びにこれらを組み合わせたソリューションの販売が前年に引き続き拡大した。大型案件も獲得し、保守サービスの販売も安定した増加を続けた結果、ソリューションプロダクト事業の売上高は、前期比13.0%増の46.37億円、ソリューションサービス事業の売上高は同12.0%増の41.29億円となった。

2019年12月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比8.1%増の94.76億円、営業利益が同17.0%増の5.66億円、経常利益が同18.1%増の5.74億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同1.4%減の3.71億円を見込んでいる。

《MH》

 提供:フィスコ

日経平均