市場ニュース

戻る

【材料】マクロミルが急反落、事業環境の悪化リスク織り込み19年6月期業績予想を下方修正

マクロミル <日足> 「株探」多機能チャートより
 マクロミル<3978>が急反落している。12日の取引終了後、19年6月期の連結業績予想について、売上高を464億円から444億円(前期比10.9%増)へ、営業利益を89億円から76億5000万円(同0.6%増)へ、純利益を52億6000万円から45億円(同4.7%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 日本およびグローバルでの事業環境の悪化リスクを織り込んだほか、為替の影響などを考慮。また、減価償却費や人件費の増加なども利益を圧迫する見通しだ。

 なお、同時に発表した第2四半期累計(18年7~12月)決算は、売上高221億8100万円(前年同期比17.3%増)、営業利益40億1500万円(同9.0%増)、純利益23億1300万円(同1.1%減)だった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均