市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は165円高でスタート、21000円台を回復、太陽誘電や任天堂が買われる/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 21029.93 (+165.72)
TOPIX  : 1582.64 (+10.04)

[寄り付き概況]

 13日の日経平均は前日比165.72円高の21029.93円と続伸で取引を開始した。米国株式相場は上昇。シカゴ日経225先物清算値は大阪比40円高の20920円。この流れから日経平均も100円を超える上げ幅で寄り付き、その後一時200円を超える上げ幅まで上昇し、21000円台での推移となっている。

 業種別では、鉱業、パルプ・紙、サービス業、証券・商品先物取引業などを筆頭に全業種がプラスで推移している。売買代金上位では、日本カーボン<5302>、楽天<4755>、東京エレクトロン<8035>、SUMCO<3436>、太陽誘電<6976>、任天堂<7974>などがプラスで推移している。一方、東海カーボン<5301>、ZOZO<3092>、村田製作所<6981>、NTTドコモ<9437>、KDDI<9433>などがさえない動きとなっている。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均