市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は伸び悩み、米長期金利は持ち直し

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 11日午後の東京市場でドル・円は心理的節目の110円付近で売り買いが交錯。米10年債利回りが動き出し、2.63%台を回復し、ややドル買いに振れたもよう。しかし、米株式先物はマイナス圏推移で、米10年債利回りの一段の上昇は見込めず、ドル買いは進めにくい状況。また、ユーロ・ドルの底堅い基調もドルの重しとなっているもよう。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円78銭から110円01銭。ユーロ・円は124円27銭から124円59銭、ユーロ・ドルは1.1315ドルから1.1330ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均