市場ニュース

戻る

【材料】サイバーコム、ネクストジェンなど5G関連に投資資金集まる、アンリツ急騰の波及効果

サイバーコム <日足> 「株探」多機能チャートより
 サイバーコム<3852>、ネクストジェン<3842>、エコモット<3987>など次世代通信規格「5G」に関連する銘柄群に物色人気が集まっている。昨年12月から米国や韓国で試験的な5Gサービスが開始されるなど、世界的な5Gシフトが続いている。そうしたなか同分野に注力姿勢をみせる通信計測器大手のアンリツ<6754>が1月30日に19年3月期業績を上方修正、営業利益を従来予想の70億円から110億円に大幅増額したことで株価水準を一気に切り上げており、これが他の5G関連銘柄の株価を刺激している。このほか、きょうは目先筋の利益確定売りに押されているもののアイレックス<6944>なども前週マドを開けて買われたほか、協和エクシオ<1951>などの通信工事会社や光ファイバーを手掛ける古河電気工業<5801>なども買われている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均