市場ニュース

戻る

【材料】曙ブレーキ工業<7238>のフィスコ二期業績予想

ブレーキ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年12月28日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

曙ブレーキ工業<7238>

3ヶ月後
予想株価
180円

四輪車、二輪車、鉄道、産業機械など総合ブレーキ大手。北米の生産混乱による影響は収束傾向へ。19.3期2Qは欧州・アジア地域需要は好調も、北米・国内の減収で売上伸びず。受注減と鋼材など高騰で利益も苦戦。

19.3期通期は苦戦の予想。北米が低調、為替リスクを見込む。前期の欧州2工場減損消え、最終益は拡大。開発投資優先で無配継続。20.3期は北米の生産体制改善、2%程度の増収計画を予想。株価はやや冴えない。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/244,400/7,500/5,400/2,000/15.01/0.00
20.3期連/F予/250,000/8,000/6,000/4,000/30.03/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/12/28
執筆者:HY

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均