市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は上げ渋り、米長期金利がやや低下


 18日午後の東京市場でドル・円は上げ渋り、足元は109円30銭台で推移する。日経平均株価は前日比263円高の堅調地合いで取引を終え、株高を好感した円売り基調に変わりはない。ただ、米10年債利回りが午前中に2.75%台まで上昇後はやや低下し、ドル買いは一服したようだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円06銭から109円44銭。ユーロ・円は124円23銭から124円68銭、ユーロ・ドルは1.1387ドルから1.1400ドルで推移。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均