市場ニュース

戻る

【市況】東京株式(寄り付き)=米株高に追随して反発、中国を巡る思惑錯綜で上値重いか

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 18日の東京株式市場は買い先行、寄り付きの日経平均株価は前営業日比70円高の2万472円と反発。

 前日の米国株市場ではトランプ米政権が対中関税の一部もしくはすべてについて引き下げあるいは撤回を検討していると伝わり、NYダウなど主要指数が3日続伸した。また、リスクオンの流れを映して外国為替市場でドルが買われ、1ドル=109円台前半まで円安に振れるなど東京市場に追い風となっている。一方、日本電産が前日引け後に今期業績予想の大幅下方修正を発表した。背景には中国での需要減があり、これは全体相場にも逆風材料として投資家マインドを冷やす可能性があるだけに、買い一巡後の動きが注目される。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、30業種が高く、値上がり上位にゴム製品、海運、石油、保険、建設など。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均