市場ニュース

戻る

【材料】ヤマトHDは朝高後に反落、第3四半期は大幅増益報道も利確定売りに押す

 ヤマトホールディングス<9064>が朝高後、反落。日本経済新聞は17日、同社の19年3月期第3四半期(4~12月)の連結営業利益が「600億円台半ばと前年同期の約2倍に急拡大したもようだ」と報道した。これを受け、株価は寄り付きに続伸したものの、買い一巡後は利益確定目的の売りが先行した様子だ。同社は宅配便国内シェアトップで、ネット通販の拡大に伴う宅配便の需要増が続くなか、人手不足の解消が課題となっていたが、単価の引き上げが業績に寄与している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均