市場ニュース

戻る

【材料】石油資源が買い優勢、WTI原油価格が1ドル60セント高と急反発

石油資源 <日足> 「株探」多機能チャートより
 石油資源開発<1662>が買い優勢。前日のWTI原油先物価格は急反発、1ドル60セント高の1バレル=52ドル11セントと上昇しており、これを背景に米株市場ではシェブロンやエクソンモービルなどエネルギー関連株が堅調な値動きをみせた。東京市場でも原油価格の動向と株価連動性の高い資源開発関連の株価を刺激している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均