市場ニュース

戻る

【市況】マザーズ指数は大幅続伸、25日線上抜けで900pt台回復、ロゼッタなどストップ高/マザーズ市況

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより

 本日のマザーズ市場では、マザーズ指数が朝方から上げ幅を広げる展開となった。日経平均が朝安後にプラスへ切り返し、個人投資家のマインドが一段と上向いた。また、マザーズ指数が上値抵抗となっていた25日線を突破したことも、マザーズ銘柄への資金流入につながったとみられる。なお、マザーズ指数は大幅続伸、2%を超える上昇で終値としてはおよそ1カ月ぶりに900pt台を回復した。売買代金は概算で1170.62億円。騰落数は、値上がり199銘柄、値下がり68銘柄、変わらず7銘柄となった。
 個別では、サンバイオ<4592>、ALBERT<3906>、フィンテック<8789>、SHIFT<3697>、SOSEI<4565>などマザーズ売買代金上位は全般堅調。業績予想を上方修正したUUUM<3990>のほか、オンコリス<4588>やブライトパス<4594>といったバイオ株の一角が活況を見せた。また、決算が好感されたロゼッタ<6182>、農業総合研究所<3541>、フィルカンパニー<3267>はストップ高水準で取引を終え、リファインバス<6531>は連日で買い気配のままストップ高比例配分となった。一方、マネーフォワード<3994>やACSL<6232>は軟調。前週に人気化したAmidAHD<7671>も反動で利益確定売り優勢となった。また、決算発表のSOU<9270>がストップ安水準まで売られ、霞ヶ関キャピタル<3498>などとともにマザーズ下落率上位に顔を出した。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均