市場ニュース

戻る

【市況】NY金:反発で1292.00ドル、米政府機関の閉鎖はしばらく続く可能性


NY金先物2月限は反発(COMEX金2月限終値:1292.00 ↑6.10)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比+6.10ドルの1オンス=1292.00ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めて一時1295.00ドルまで買われた。為替相場がユーロ高・米ドル安に振れたことや、米政府機関の閉鎖がしばらく続くとの見方が多いことから、安全逃避の買いが入った。ただし、米中通商協議の進展への期待は残されており、1オンス=1300ドルは当面の上値目途になるとの見方が変わっていないようだ。
《CS》

 提供:フィスコ

日経平均