市場ニュース

戻る

【材料】大運<9363>のフィスコ二期業績予想

大運 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年12月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大運<9363>

3ヶ月後
予想株価
380円

大阪港を中心に港運、陸運、倉庫、通関業務などを行う物流会社。独立系。自動車運送も手掛ける。名古屋や神戸にも支店配置。海外拠点網の整備を推進。大荷主はパナソニックなど。19.3期2Qは営業益が計画比上振れ。

19.3期は大荷主の輸出案件堅調。新規荷主の開拓も進み、港湾輸送が伸びる。自動車輸送は運賃改定で採算改善。労務費上昇こなし、営業益倍増へ。有証売却益は減る。PERに割安感乏しく、株価の上値は限定的と想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3単/F予/7,200/80/200/120/19.31/10.00
20.3単/F予/7,250/100/220/130/20.92/10.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/12/05
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均