市場ニュース

戻る

【材料】チヨダウーテ<5387>のフィスコ二期業績予想

チヨダウーテ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年11月24日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

チヨダウーテ<5387>

3ヶ月後
予想株価
440円

石膏ボード中心の総合建材メーカー。ケイ酸カルシウム板、鋼製下地材、断熱材等も手掛ける。高品質、独自技術が強み。石膏ボードは販売数量伸び悩む。操業時間の調整で生産効率は低下。19.3期2Qは業績苦戦。

新設住宅着工戸数は回復の兆し。非住宅部門の営業に注力。下期は消費増税前の駆け込み需要等を見込む。19.3期通期は2桁営業増益計画。PBRは割安感の強い水準だが、業績面が重し。株価は上値の重い展開が継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/31,300/100/200/100/5.80/5.00
20.3期連/F予/31,800/200/300/160/9.27/5.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/24
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均