市場ニュース

戻る

【市況】東証2部(大引け)=2部指数は3日ぶり反落、クロスキャト、キョウデンが売られる

 9日大引けの東証2部指数は前日比66.57ポイント安の7327.62ポイントと3日ぶり反落。値上がり銘柄数は192、値下がり銘柄数は235となった。

 個別ではアイケイ<2722>、東邦化学工業<4409>、ノザワ<5237>、川金ホールディングス<5614>、神鋼鋼線工業<5660>など15銘柄が年初来安値を更新。クロスキャット<2307>、キョウデン<6881>、明治機械<6334>、あじかん<2907>、フジマック<5965>は値下がり率上位に売られた。

 一方、キクカワエンタープライズ<6346>がストップ高。サンセイ<6307>、ヨネックス<7906>は一時ストップ高と値を飛ばした。理研コランダム<5395>、スリーエフ<7544>など3銘柄は年初来高値を更新。ゼット<8135>、ビケンテクノ<9791>、コーアツ工業<1743>、西菱電機<4341>、エムジーホーム<8891>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均