市場ニュース

戻る

【材料】塩野義薬が後場プラス転換、資本参加先が抗HIV治療におけるドルテグラビルとラミブジン合剤の承認を申請

塩野義 <日足> 「株探」多機能チャートより
 塩野義製薬<4507>が後場プラスに転じている。前引け後に、同社が資本参加している英ViiV社が、HIVインテグラーゼ阻害薬ドルテグラビルと核酸系逆転写酵素阻害薬ラミブジン(いずれもViiV社)の2剤レジメン合剤に関して、FDA(米国食品医薬品局)に対して新薬承認申請したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 なお、ViiV社では、priority review voucher(優先審査保証)を同申請に用いていることから、申請受理から6カ月以内の承認取得が見込まれるとしている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均