市場ニュース

戻る

【市況】個別銘柄戦略:ドンキHDや三井住友に注目

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

先週末19日の米国市場では、NYダウが64.89ドル高の25444.34と上昇する一方、ナスダック総合指数は36.11pt安の7449.03、シカゴ日経225先物は大阪比80円安の22450といずれも軟化した。本日早朝の為替は1ドル112円台半ばと、19日午後3時時点よりやや円安で取引されている。このため、本日は前週末に売られた輸出関連株を反発が予想されるが、米長期金利上昇など懸念要因は解消されていないため、戻りは限られよう。9月中間決算発表の本格化は今週後半ということもあって、ザラ場中の為替や中国株、GLOBEXの米株先物などに振り回される相場となりそうだ。強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたドンキHD<7532>、りそなHD<8308>、三井住友<8316>、静岡銀<8355>などに注目。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均