市場ニュース

戻る

【材料】宇部興産<4208>のフィスコ二期業績予想

宇部興 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年10月7日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

宇部興産<4208>

3ヶ月後
予想株価
3,300円

総合化学大手。ナイロン原料となるカプロラクタムを主力に、合成ゴム、機能品・ファイン等を展開。カプロラクタムは世界首位。創薬、原薬・中間体製造、ジェネリックなどの医薬品も注力。19.3期1Qは経常増益。

9月のアジア向けカプロラクタム輸出契約価格は、1トン=2170ドルと、4カ月連続上昇。会社想定も上振れ。LiB材料やファインも拡大。アンモニア工場や自家発電所の定期修理の影響は一巡。株価は買い優勢を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/740,000/44,000/45,500/30,500/290.40/75.00
20.3期連/F予/760,000/48,500/50,000/32,000/304.70/75.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/07
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均