市場ニュース

戻る

【材料】東芝プラントシステム<1983>のフィスコ二期業績予想

東芝プラ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年10月6日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東芝プラントシステム<1983>

3ヶ月後
予想株価
2,600円

電力システムや原子力システムなどを手掛けるプラントエンジニアリング会社。国内外の火力発電設備や水力発電設備、電力変電系統設備、上下水道設備などに実績。19.3期1Qは各利益大幅増。通期では経常増益見通し。

国内の火力発電設備や太陽光発電設備が受注増。工法改善でコスト抑制進展。HISの大規模バイオマス発電プロジェクトを受注。原発廃炉作業に向け、ドイツNIS社と技術協力へ。底打ち感強く、株価は高値窺いを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/240,000/20,000/21,000/14,300/146.80/42.00
20.3期連/F予/247,000/21,000/22,000/15,000/154.00/42.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/06
執筆者:YT

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均