市場ニュース

戻る

【材料】パイオニア<6773>のフィスコ二期業績予想

パイオニア <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年10月9日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

パイオニア<6773>

3ヶ月後
予想株価
110円

カーナビ等カーエレクトロニクス事業が主力。家電AV機器事業から撤退。車載関連ビジネスの成長等に注力。地図事業を強化。カーエレクトロニクスは売上増。テレマティクスサービス等が堅調。19.3期1Qは小幅増収。

カーオーディオは中国、欧州で堅調。カーナビゲーションシステムは中南米で伸びる。19.3期通期は開発費や減価償却費の増加等が響く見通し。業績面が株価の上値抑制要因となり、当面は上値の重い展開が継続へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/380,000/-5,000/-6,500/-10,500/-/0.00
20.3期連/F予/385,000/-4,000/-5,500/-8,000/-/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/09
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均