市場ニュース

戻る

【材料】協立エアテック<5997>のフィスコ二期業績予想

協立エアテク <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年10月9日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

協立エアテック<5997>

3ヶ月後
予想株価
920円

空調・防災機器を手掛ける専門メーカー。主力製品はダンパー・吹出口、空調ユニットシステムなど。オールインワン浄水システムも手掛ける。首都圏再開発等が追い風。売上総利益は増加。18.12期2Qは2桁増収増益。

新設住宅着工戸数は減少傾向だが、東京五輪向け需要等が増加。増収効果で売上原価、販管費の増加等をこなす。18.12期通期は増収増益見通し。PBRは割安感の強い水準。業績面も評価でき、今後の株価は強含みか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.12期連/F予/9,210/700/730/500/104.98/20.00
19.12期連/F予/9,500/730/760/515/108.13/20.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/09
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均