市場ニュース

戻る

【材料】<注目銘柄>=DCMHD、積極的なM&Aで成長を具現化

DCM <日足> 「株探」多機能チャートより
 DCMホールディングス<3050>を好業績の割安銘柄として注目。同社は19年2月期通期の連結業績を営業収益4541億円(前期比2.4%増)、経常利益202億円(同8.5%増)と見込んでいる。

 同社は積極的なM&A(企業の合併・買収)戦略による成長により、スケールメリットを具現化している。今期は、ケーヨー<8168>への商品供給拡大によるスケールメリットやPB商品販売、さらに商品開発による粗利益率改善などが寄与する。

 株価は、10月10日に1098円で高値をつけて以降、全体相場の急落地合いに連動して小幅調整しているものの、25日移動平均線を支えに反発の兆しをみせている。PER12倍台、PBR0.7倍台と株価指標面では割安水準にある。(朱)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均