市場ニュース

戻る

【市況】18日のNY市場は下落

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 25379.45 (-327.23)
NASDAQ  : 7485.14 (-157.56)
CME225  : 22315 (-275(大証比))

[NY市場データ]

18日のNY市場は下落。ダウ平均は327.23ドル安の25379.45、ナスダックは157.56ポイント安の7485.14で取引を終了した。昨日のFOMC議事録を受けて、米長期金利の上昇局面が長期化するとの見方が強まり、ハイテク株を中心に売りが先行。中国経済の減速懸念からアジア株がほぼ全面安となったことも相場の重しとなり、終日下落となった。セクター別では、電気通信サービスや食品・飲料・タバコが上昇する一方でメディアや小売が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比275円安の22315円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、NTT<9432>、ソニー<6758>、三井住友<8316>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、エーザイ<4523>、コマツ<6301>、日鉄住金<5401>、富士通<6702>、日東電<6988>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル112.17円換算)で全般軟調。
《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均