市場ニュース

戻る

【材料】ALBERTがカイ気配、営業損益は従来予想比倍増に大幅上方修正

ALBERT <日足> 「株探」多機能チャートより
 ALBERT<3906>がカイ気配スタートで気配値を切り上げている。同社は人工知能(AI)を活用したビッグデータ分析サービスなどを展開している。17日取引終了後、18年12月期の単独業績予想の修正を発表。売上高を13億5000万円から15億5000万円(前期比77.8%増)へ、営業損益を8000万円から1億5000万円(前期1億6100万円の赤字)へ、最終損益を6700万円から1億3000万円(同1億7200万円の赤字)へそれぞれ大幅に増額しており、これを材料視する買いが集中した。求人ニーズの強いデータサイエンティストの人数は100人を超える水準を確保している。また、AI実装を視野に入れた投資が見込まれる自動車、製造、通信・流通、金融を重点産業として、中長期的な取引規模の拡大に注力している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均