市場ニュース

戻る

【市況】米国株見通し:サウジめぐる地政学的リスクへの警戒感は後退も

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

S&P500先物  2758.00(+ 9.00) (18:10現在)
ナスダック100先物  7115.50(+39.00) (18:10現在)


 18時10分時点のグローベックス米株式先物市場で、S&P500先物とナスダック100先物は小高く推移。NYダウ先物は前日比60ドル高程度で推移している。欧州株式市場はほぼ全面高。時間外取引のNY原油先物は前日比0.50ドルほどの下落で推移。こうした流れを受け、16日の米株式市場は買い優勢で始まりそうだ。


 サウジアラビアをめぐる地政学的リスクへの警戒感が前日の株安につながったようだが、サウジ当局が失踪記者の死亡を認める報告書を準備しているとの報道がみられ、警戒感が後退する可能性もある。NY原油先物は、米国原油在庫の増加予想で売りが優勢になりそうだ。


 本日発表となる米経済指標は、9月鉱工業生産、9月設備稼働率、8月JOLT求人件数、10月NAHB住宅市場指数など。前月からやや悪化するとの予想が多いが、好調な米国経済の方向を変えるような内容になるとは考えにくく、株式市場にとってはやや中立的な材料になるとみられる。決算発表は、ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレー、IBMやネットフリックスなどがある。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均