市場ニュース

戻る

【テク】日経平均テクニカル:反落。25日や200日線などそろって下降、遅行線は弱気鮮明に

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

15日の日経平均は反落した。おおむね200日線を下回って長い陰線を引き、この日の最安値圏で大引けを迎えた。終値は先週末のザラ場安値を下回り、下値模索の継続を示唆した。5日線が急角度で下降したほか、25日、75日、200日の各移動平均線はそろって下降し、相場全体の下落トレンド入りを示唆した。一目均衡表では、転換線が下降して基準線とのデッドクロス寸前まで下げたほか、日々線は9月10日以来およそ1カ月ぶりに雲中で引けた。遅行線は株価との下方乖離幅を拡大し、弱気シグナルが鮮明になってきた。ボリンジャーバンドでは、日々線が-2σを下回って引けており、明日16日以降は-3σを試す流れが予想される。RSIは24.67%まで低下した。底値圏入りが示唆されるが、主要移動平均線など他の指標が弱気を示しており、RSIが低迷したままレンジの下方拡張が続くリスクにも留意したい。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均