市場ニュース

戻る

【材料】東洋電機<6655>のフィスコ二期業績予想

東洋電機 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年10月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東洋電機<6655>

3ヶ月後
予想株価
1,000円

産業用電気制御装置メーカー。エレベータ用センサや耐雷変圧器に強み。保守サービスも。工場設備管理システムを入口に監視制御や搬送制御分野を強化。中計では20.3期に経常利益6億円目指す。19.3期1Qは低調。

19.3期はデータセンター向け変圧器や自動車部品向け樹脂材料が好調。だが中国のエレベータ用センサが需要後退。監視制御装置や空間光伝送装置なども厳しい。利益続落か。PERに割安感乏しく、株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/8,660/220/280/190/44.13/24.00
20.3連/F予/9,000/280/340/230/53.42/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/02
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均