市場ニュース

戻る
2018年10月14日16時15分

【材料】東亜バルブエンジニアリング<6466>のフィスコ二期業績予想

東亜バル <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年10月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東亜バルブエンジニアリング<6466>

3ヶ月後
予想株価
1,400円

バルブの製造販売やメンテナンスを展開。原発用バルブが主力。福島原発関連は除染から廃炉に軸足。業務資本提携するキッツの販路を活用して海外を開拓。中計では21.9期に売上高100億円、営業益13億円を目指す。

19.3期は火力発電向け高圧弁などが堅調。原発定期検査工事もしっかり。四国電の伊方原発3号機が再稼働ならばプラスに。原材料高などをこなし、利益回復続くと予想。株価は妥当な水準との判断から上値限定的と想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.9連/F予/7,850/50/90/50/22.01/30.00
19.9連/F予/8,000/100/140/80/35.17/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/02
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均