市場ニュース

戻る

【材料】東京製綱<5981>のフィスコ二期業績予想

東京綱 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年9月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東京製綱<5981>

3ヶ月後
予想株価
1,600円

クレーンなどに使うワイヤロープが主力。タイヤ用スチールコードも。今夏に炭素繊維ケーブルの新工場完成。炭素繊維ケーブルと防災製品を分社化し、海外開拓加速を狙う。中計では20.3期に営業益80億円以上が目標。

19.3期は太陽光発電向けウェハ切断用極細ワイヤが需要が急減。中国でエレベータロープの需要も落ち込む。だが炭素繊維ケーブルやタイヤコードが堅調で後半に挽回期す。株価は1Qの苦戦が響き上値の重い展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/69,000/3,400/3,400/2,300/142.67/40.00
20.3連/F予/72,500/4,000/4,000/2,700/167.47/40.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/30
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均