市場ニュース

戻る
2018年10月13日23時40分

【材料】東映<9605>のフィスコ二期業績予想

東映 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年10月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東映<9605>

3ヶ月後
予想株価
14,500円

映画製作・配給が主力。アニメやテレビドラマ、ビデオ、コンテンツの版権、興行や催事、観光不動産等を手掛ける。アニメーションに強み。19.3期1Qは提携製作作品等を配給の映画やビデオ、テレビが好調に推移。

19.3期の会社予想を上方修正。アニメ関連は北米向け映像配信権の販売が好調。国内外でも「ドラゴ ンボール」シリーズのゲーム化権販売が好調。興行や催事関連をカバー。株価は7月安値を底に上昇基調継続。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/122,000/17,500/20,000/9,000/713.15/60.00
20.3期連/F予/125,000/18,300/21,000/9,500/752.77/60.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/03
執筆者:NI

《DM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均