市場ニュース

戻る
2018年10月13日21時50分

【材料】京阪ホールディングス<9045>のフィスコ二期業績予想

京阪HD <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年10月1日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

京阪ホールディングス<9045>

3ヶ月後
予想株価
4,500円

大阪、京都、滋賀で鉄道とバスを運営。不動産賃貸・販売、京阪百貨店やスーパー等の流通、ホテルも展開。座席指定の特別車両が好調。19.3期1Qは二桁の増収、営業増益。堅調な運輸に加え、不動産販売、賃貸が伸長。

19.3期は運輸業の旅客運輸収入増や、レジャー・サービス業のホテル新規出店による増収等を見込むが、不動産業の前期の首都圏マンション販売の反動やホテル新規出店費用が重し。株価は2015年高値を更新へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/322,500/30,000/28,000/20,000/186.58/35.00
20.3期連/F予/330,000/31,500/29,500/21,000/195.91/35.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/10/01
執筆者:NI

《DM》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均