市場ニュース

戻る
2018年10月11日17時51分

【通貨】明日の為替相場見通し=NYダウの動向を注視

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
  今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、NYダウの動向が注視されそうだ。予想レンジは1ドル=111円50~113円00銭。

 10日の米株式市場はNYダウが、前日比831ドル安と急落。この日の日経平均株価も一時1000円を超す大幅安となった。これを受け、リスクオフ姿勢からドルは一時111円90銭台まで下落する場面があった。最大の焦点は、やはりNYダウが下げ止まるかどうかだ。今晩は米9月消費者物価指数(CPI)が発表となる。この結果次第で、米10年債とともにNYダウも上下する展開が予想されるだけに、CPIの結果からは目が離せない。



出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均