市場ニュース

戻る

【材料】未来工業<7931>のフィスコ二期業績予想

未来工業 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年9月20日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

未来工業<7931>

3ヶ月後
予想株価
2,200円

電気設備資材、給排水設備、ガス設備資材の製造販売等を手掛ける。創業以来赤字なし。スイッチボックスで高シェア。独自性の強い商品群が強み。地中埋設管は売上減。原材料価格は上昇。19.3期1Qは業績伸び悩む。

配線器具は「J-WIDE」等が堅調。電材では合成樹脂製可とう電線管「ミラフレキSS」等が売上増。19.3期通期は2桁最終増益計画。バリュエーション面は妥当水準。業績面が重しとなり、株価は上げ渋る展開へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/35,490/3,590/3,560/3,570/154.15/32.00
20.3期連/F予/35,800/3,830/3,800/2,600/112.26/32.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/20
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均