市場ニュース

戻る
2018年09月16日19時48分

【材料】いなげや<8182>のフィスコ二期業績予想

いなげや <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年9月1日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

いなげや<8182>

3ヶ月後
予想株価
1,800円

首都圏が地盤の食品スーパー。高級スーパーやドラッグストアも展開。イオンが筆頭株主。今年6月末の店舗数はスーパー152店、ドラッグ132店。中計では20.3期に営業益41億円を目指す。19.3期1Qは苦戦。

食品スーパーは競争激しく、人件費増も重石。だが新店や改装店が堅調。廃棄ロス削減なども効く。ドラッグは新店貢献もあって順調。19.3期は上期に出店費用嵩むも通期では前期並みの利益確保へ。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/257,000/3,650/3,850/1,150/24.77/15.00
20.3連/F予/260,000/3,750/3,950/1,250/26.92/15.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/09/01
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均