市場ニュース

戻る
2018年08月13日12時38分

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~ 日経平均は大幅続落、ファーストリテとTDKで47円押し下げ

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

13日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり8銘柄、値下がり213銘柄、変わらず4銘柄となった。

日経平均は大幅に下落。355.85円安の21942.23円(出来高概算7億3000万株)で前場の取引を終えた。トランプ米大統領がトルコから輸入する鉄鋼及びアルミニウムへの関税額を2倍に引き上げたことにより、トルコ・リラが急落するなど金融市場の混乱を招き、売り優勢の相場展開となった。22100円台で始まった日経平均は、その後こう着感の強い相場展開が続く中、円相場が1ドル110円前半まで円高が進んだほか、アジア市場の弱い値動きのなかで押し目買いも入りづらく、ザラ場ベースでは約1か月ぶりに節目の22000円を割り込んでいる。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はTDK<6762>となり、2銘柄で日経平均を約47円押し下げた。東証1部の売買代金上位ではTDKの他、村田製作所<6981>やSUMCO<3436>などハイテク株の下げが目立っている。日経平均構成銘柄の下落率トップは三井金<5706>で15.05%安、同2位は日製鋼所<5631>で6.69%安だった。三井金は、第1四半期決算と同時に発表した業績予想の下方修正がネガティブ視されている。

一方、値上がり寄与トップはリクルートHD<6098>、同2位はスズキ<7269>となった。リクルートは市場予想を上回る第1四半期決算が好感されている。日経平均構成銘柄の上昇率トップは同じくリクルートHDで7.91%高、同2位は日本郵政<6178>で2.28%高だった。日本郵政は、第1四半期の決算を発表。純利益は1235億円で前年同期比18%増、通期計画に対する進捗率は37%(前年は26%)と、想定以上に好調な推移となったことが材料視される展開に。



*11:30現在


日経平均株価  21942.23(-355.85)

値上がり銘柄数  8(寄与度+37.12)
値下がり銘柄数 213(寄与度-392.97)
変わらず銘柄数  4

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<6098> リクルートHD 3275 240 +26.72
<7269> スズキ 7200 140 +5.19
<9735> セコム 8600 92 +3.41
<6178> 日本郵政 1256 28 +1.04
<8630> SOMPOHD 4445 34 +0.32
<5541> 大平金 3835 55 +0.20
<8252> 丸井G 2326 5 +0.19
<5214> 日電硝 3525 5 +0.06

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 46680 -730 -27.09
<6762> TDK 10700 -540 -20.04
<8035> 東エレク 18300 -460 -17.07
<6954> ファナック 21365 -345 -12.80
<6971> 京セラ 6495 -158 -11.73
<4063> 信越化 10565 -275 -10.20
<6367> ダイキン 12890 -250 -9.28
<6857> アドバンテ 2425 -105 -7.79
<7951> ヤマハ 5040 -200 -7.42
<4911> 資生堂 7553 -197 -7.31
<9984> ソフトバンクG 10060 -60 -6.68
<4901> 富士フイルム 4655 -165 -6.12
<9766> コナミHD 4885 -165 -6.12
<7267> ホンダ 3286 -82 -6.09
<6988> 日東電 8271 -163 -6.05
<9433> KDDI 3058 -27 -6.01
<4021> 日産化学 4735 -160 -5.94
<6506> 安川電 3425 -140 -5.19
<1925> 大和ハウス 3377 -131 -4.86
<6976> 太陽誘電 2858 -128 -4.75

《AK》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均