市場ニュース

戻る
2018年08月12日19時18分

【材料】東武住販<3297>のフィスコ二期業績予想

東武住販 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年7月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

東武住販<3297>

3ヶ月後
予想株価
1,800円

山口県と福岡県が地盤の不動産会社。中古住宅の再生販売に強み。不動産売買や賃貸仲介も行う。今年2月に福岡県北東部に新店を開店。中計では20.5期に売上高78億円、最終益5億円を目指す。18.5期は増収増益。

テレビCM投下などで中古住宅の買入れ強化し、自社不動産の在庫を拡充。新店舗の貢献もあり中古受託再販が順調に進む。販管費増こなし、19.5期は利益続伸へ。連続増配。指標面に割高感なく、株価は戻り試すと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.5単/F予/7,060/630/630/425/156.71/25.00
20.5単/F予/7,500/680/680/460/169.62/27.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/07/30
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均