市場ニュース

戻る

【材料】四電工<1939>のフィスコ二期業績予想

四電工 <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年8月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

四電工<1939>

3ヶ月後
予想株価
3,000円

四国電力系の総合設備工事会社。太陽光発電所なども。売上の過半が四国電力向け。四国外を拡大方針で今年2月に神戸の空調設備工事会社、7月に大阪の電気工事会社を買収。中計では21.3期に営業益30億円以上目標。

繰越工事高373億円で前年比6%減だが高水準。買収会社上乗せ。四国外の開拓も進む。今年3月稼働の太陽光発電所も貢献。人件費増などをこなし、19.3期は利益続伸へ。指標面に割高感なく、株価は戻り試すと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/84,500/2,800/3,300/2,300/293.24/75.00
20.3連/F予/87,000/2,900/3,400/2,360/300.90/75.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/08/02
執筆者:JK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均