市場ニュース

戻る

【材料】フレンドリー<8209>のフィスコ二期業績予想

フレンドリ <日足> 「株探」多機能チャートより

※この業績予想は2018年7月30日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

フレンドリー<8209>

3ヶ月後
予想株価
200円

ファミレス「フレンドリー」、鮮魚・寿司・炉端「源ぺい」などの外食チェーンを運営。近畿圏地盤。TOB成立でジョイフル傘下に。固定資産売却益を計上。減損損失の減少等も寄与し、18.3期は最終黒字転換。

18年3月末の店舗数は75店舗。「新・酒場 なじみ野」は好調。「海鮮うまいもんや マルヤス水軍」は業態変更等が売上寄与。19.3期は増収か。株価指標の上値余地は乏しい。当面の株価は業績見極めムード先行へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期単/F予/7,350/-30/-30/-30/-/0.00
20.3期単/F予/7,450/30/30/30/2.21/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/07/30
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均